読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生産性のない話

趣味の範囲でサイバーセキュリティの話

UEFI + GPT 環境でのデュアルブート(Windows 10 & Ubuntu16.04)

ここしばらく、Linuxをメインで使えるマシンがほしいなと思いながらいたのですが、ようやくデュアルブートに成功したので、その時のメモです。

 

ポイントとしては、

①インストールメディアをUEFIで起動する

ブートローダをインストールする位置

の2点です。

 

ここを参考にしました。↓

kowaimononantenai.blogspot.jp

 

・ 手順

  1. リカバリ
  2. パーティションの切り分け
  3. Windows 10 へアップグレード
  4. Ubuntu のインストールメディアの作成
  5. Ubuntu の起動
  6. Ubuntu のインストール

以上です。

 

かいつまんで、ポイントだけ。

1. 一度デュアルブートに失敗し、WindowsもUbunutu も起動しなくなったためにこれをする必要がありました。買ってすぐのPCでも、リカバリ用」のディスクなどはちゃんと用意しておきましょう。ちなみに私のPCは工場出荷状態ではWindows 7です。

 

2. パーティションは先にUbuntu をインストールする分を空けておく。Windowsでディスクの縮小をして、ハードディスクに空きの容量を確保しておきます。

 

3. 一度アップグレードしていたので、リカバリしても再度アップグレードができます。Windows 10のアップグレードですが、やるならUbuntu をインストールする前のほうが確実かと思います。Windows 10 はアップデートの際にリカバリ用のパーティションを作るそうで、それが原因でUbuntu が起動しなくなるというトラブルが起こり得るようです。回避方法や復旧方法もあるでしょうが、先にアップグレードはしておいたほうが無難かと思います。

 

4. ISOファイル( Ubuntuの入手 | Ubuntu Japanese Team )をダウンロードして、DVDなら適当なソフトで焼く。あるいはUSBにインストール。私は UNetbootin を使ってその辺に転がってた2GのUSBメモリにインストールしました。Ubuntuなら2Gでもぎりぎり入ります。

 

5. まず、Windows 10の「高速スタートアップ」を無効にしましょう。これをしないと、BIOSやブートデバイスの切り替えができません。

コントロールパネル

⇒ 電源オプション

⇒「電源ボタンの動作を選択する」

⇒「現在利用可能ではない設定を変更します」

⇒「高速スタートアップを有効にする」のチェックボックスを外す

⇒ 変更の保存

再起動して、ブート時に何かしらのキーを押してブートデバイスを選択します。

ここで、最初のポイントです。UEFI環境で外部デバイスからOSを起動しようとすると、起動するデバイスの選択肢が2つ現れます。

私の場合「UEFI : USB Reader」と「USB Reader」のような感じでした。ここでUEFIではないほうを選んでしまうと、場合によっては WindowsUbuntu も起動しなくなります。UEFIからメディアを起動すると、Ubunut の場合、黒いGRUBのブートメニューが表示されます。

UbuntuTips/Install/UEFI - Ubuntu Japanese Wiki

Liveイメージで起動時にCUI画面で白文字のgrubメニューが現れる。(UEFIモードで起動している)
Liveイメージで起動時に紫のスプラッシュ画面で起動し、GUIインストーラーが立ち上がる。(Legacyモードで起動している)

ちゃんとUEFIで起動していることを確認しましょう。

 

6. 最後にUbuntu のインストールです。普通にOSをインストールする手順通りです。「インストールの種類」で「それ以外」を選択し、パーティションをカスタマイズします。と言っても、2で開けておいたスペースにインストールするだけです。私は適宜「/」、「/boot」「/home」などにお好みで振り分けてください。

ここで重要なポイントはブートローダの位置です。デフォルトではディスクの先頭(「/dev/sda」など)が選択されていますが、これを、EFIタイプのパーティションの位置に変更します。(私の場合「/dev/sda1」。)

あらかじめ、GPartedでパーティションを確認すると「EFI System Partition」とラベルがついていました。あまり詳しくは知りません。

PCハードウェア強化ラボ:第4回 2Tbytes超ディスクをシステム用ディスクとして利用する (3/3) - @IT

先頭に「EFI システム パーティション」という100Mbytesのパーティションがあるが、これはGPT形式のディスクにおいて、ブート・コードを保存しておく場所である。

だ、そうです。

 

多くのデュアルブートの説明では「/boot」のパーティションに一緒にブートローダをインストールし、起動後MBRからそのパーティションを呼び出し、ブートメニューを開くような設定になっているようなのですが、GPTではそれができないため、今回の方法を取ることになりました。

 

私の環境では以上でデュアルブート環境が出来上がりました。

起動するとGRUBが立ち上がり、UbuntuWindows 10 が選択できるようになっています。(今のところ両OS問題なく動いています)

場合によっては参考に挙げたサイトで行っているような Boot Repair を使った修復作業などが必要になることもあるようです。

 

以上、個人的に一つ、悲願を達成できたので、メモとして残しました。デュアルブートは私のような「UEFI? GPT? 何それ、おいしいの?」というレベルの人は行わないほうがいいかと思います。

今は仮想化などの技術も進んでますし、「Windows Subsystem for Linux」なども出てきましたしね。まあ、一昔前の壊れてもいいやPCでハードディスク容量も余ってたので。

 

以上です。