読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生産性のない話

趣味の範囲でサイバーセキュリティの話

セキュリティ関連の調査に利用できるWebサービスについて

OSINT(Open Source Intellihence)というそうですね。いつの間にそういった言葉ができたのか、知りませんでしたが、どんな分野でも有用なWebサービスにはお世話になるものです。

セキュリティのWebサービスで有名どころと言えば VirusTotal があります。検体を投稿し、各ベンダーの製品でスキャンした結果を表示してくれます。他に、Webサイトのスキャンやファイルのハッシュ値でのスキャン結果の検索、IP、ドメインの情報の検索 など、利用可能な情報は多岐にわたります。

VirusTotalだけの話ではありませんが、投稿するファイルに機密な情報が含まれていないかは確認しておきましょう。こうした外部Webサイトへのファイルのアップロードは一般公開されても困らないもののみに限定すべきです。

こういった外部情報サイトは他にもあります。Webサイトの情報に特化したもの、マルウェア解析に特化したものなど、それぞれの特性に合わせて利用すれば、特別なツールなど使わなくても、かなりの調査が可能です。 いくつか挙げてみます。

Webサイト調査系

マルウェア解析系

IP/ドメイン調査

その他

  • Shodan - インターネットに接続されている機器をスキャンし、その情報を提示してくれる。

  • Censys - こちらもShodanみたいにスキャンしているサイトらしい。

他に同じようなサービスは様々あります。用途に応じて自分の使いやすいサービスを探すのが良いかと思います。

また、もう少し凝ったことをしたいという時には、こういったいくつかのサービスではAPIを提供しています。

例えば、VirusTotalではアカウントを作成し、APIキーを入手すれば、1分で4リクエストまでという制限はありますが、API経由での調査が可能です。

Public API version 2.0 - VirusTotal

こういうAPIの利用方法は公式のドキュメントが一番わかりやすかったりするので、そちらを読んで利用するのが良いと思います。

PythonAPIを利用してみます。 (APIを利用する時のためのモジュールを作っておくと、後々便利なんだじゃないかと思いました)

virustotal.py'として以下のようなスクリプトを用意します。

import requests

apikey = 'XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX'

url_hash = 'https://www.virustotal.com/vtapi/v2/file/report'
url_scan_url = 'https://www.virustotal.com/vtapi/v2/url/scan'
url_report_url = 'http://www.virustotal.com/vtapi/v2/url/report'
url_ip = 'http://www.virustotal.com/vtapi/v2/ip-address/report'
url_domain = 'http://www.virustotal.com/vtapi/v2/domain/report'

def getHashReport(filehash):
  params = {'apikey': apikey, 'resource':filehash}
  headers = { "Accept-Encoding": "gzip, deflate"}
  response = requests.get(url_hash ,params=params, headers=headers)
  json_response = response.json()
  return json_response

def getUrlScan(url):
  params = {'apikey': apikey, 'url':url}
  response = requests.post(url_scan_url, data=params)
  json_response = response.json()
  return json_response

def getUrlReport(url):
  headers = { "Accept-Encoding": "gzip, deflate"}
  params = {'apikey': apikey, 'resource':url}
  response = requests.post(url_report_url, params=params, headers=headers)
  json_response = response.json()
  return json_response

def getIPReport(ip):
  params = {'apikey': apikey, 'ip': ip}
  response = requests.get(url_ip, params=params)
  json_response = response.json()
  return json_response

def getDomainReport(domain):
  params = {'apikey': apikey, 'domain': domain}
  response = requests.get(url_domain, params=params)
  json_response = response.json()
  return json_response

APIキーは各自のものを使ってください。 これを用意しておけば、後は使いたいときに外からこのスクリプトを読み込んで関数を呼び出すだけです。

テスト用のスクリプトを用意。

import virustotal as vt
import time
import json

if __name__ == '__main__':
  hashsum = 'ffffffffffffffffffffffffffffffff'
  url_scan = 'www.xxx.xyz/index.php'
  domain = 'www.xxx.xyz'
  ip_addr = 'XX.XX.XX.XX'

  print '--File Report--'
  result = vt.getHashReport(hashsum)
  print json.dumps(result, indent=2)
  time.sleep(16)
  print '--URL Scan--'
  result = vt.getUrlScan(url_scan)
  print json.dumps(result, indent=2)
  time.sleep(16)
  print '--URL Report--'
  result = vt.getUrlReport(url_scan)
  print json.dumps(result, indent=2)
  time.sleep(16)
  print '--IP Report--'
  result = vt.getIPReport(ip_addr)
  print json.dumps(result, indent=2)
  time.sleep(16)
  print '--Domain Report--'
  result = vt.getDomainReport(domain)
  print json.dumps(result, indent=2)

1分に4リクエストまでなので、一応1回ごとに16秒のインターバルをいています。ハッシュ値とか、URLとかは適当なものを入れてください。

結果はjsonで返ってきます。'virustotal.py'ではそれを辞書型にして返してくれます。テストスクリプトではそれを改めてjsonとしてダンプします。

結果は出力されたものを見てもらえば、どのように結果が出るかわかると思います。うまいこと必要な情報を抜き出していきましょう。

こういう感じで、他のサービスのAPIも手軽に扱えるよう、準備しておきたいですね。色々なサービスを連携して簡単に情報を収集できるような環境を目指しましょう。